SDGsフードアクションレポート「こども食堂」

スター株式会社の人事部長の瀧上(タキガミ)です。

皆さん、こども食堂ってご存じですか?

京都の南区でもこども食堂をハピネス(NPO法人happiness)さんがされています。

ハピネスさんは家庭環境に関係なく、子ども達が健全に育つために、

こども食堂をはじめ、学習会をおこなったり、こどもを支援するための情報を集めたり、お伝えしたりされています。

また、happiness*cafeを運営されており、

その収益でこども食堂の運営することで補助金に頼らずこどもたちの居場所を守るという、素晴らしい活動をされています。

こども食堂とは (ハピネスさんHPを参考に書いてます)・・・

 共働きやシングル家庭の増加などから、こどもが一人で食事をしている子供たち(孤食)になることが多い中、「食事」を通したコミュニケーションから子供たちがすくすく育っていけるような居場所として運営されています。また、わからないことがあっても、お留守番しており、聞ける人がいなかったり、家のお手伝いに追われて、宿題ができないといったことが起こったりする中、こども食堂で一緒に宿題をし、勉強をすることの楽しさやその日学校であった話を聞き、どんなことがうれしかったのか、悲しかったのかを感じ、子供たちに寄り添い成長を共に見守っていくこともできます。さらに、仕事と家庭を両立して、大変なお父さん・お母さんが、息を抜ける場所としてお使いいただくこともできます。

 そんな素晴らしい活動にSDGs活動でのご縁もあってお知り合いになり、お手伝いさせていただきました!行ったスタッフは逆に元気をもらったようで、みんな幸せな顔をして帰ってきました。とくに料理人は直接食べてもらう人に接することでとてもうれしかったようです!食を通じて人を笑顔にする、私たちの仕事の原点であり、最も大切なことを感じられる素晴らしい機会を与えていただき、ハピネスさんには本当に感謝です!