SDGsフードアクションレポート「竹林整備」

始める前にパシャリ!
 今回はこども食堂に続き、SDGs活動として、『藪の傍』さんの竹林整備に参加させていただきました。『藪の傍』さんは2017年から京都府向日市の物集女竹林を拠点に間伐竹の有効活用を継続しながら、竹から学び、いろいろなものを創出する活動をされている任意団体さんです。代表の小関さんとは弊社が昨年主催させていただきました「SDGs食で京都をもっと元気に 食プロジェクト」でご縁ができ、本年は社員みんなで実際にSDGs活動をやっていきたいという弊社の希望にお答えいただき、竹林整備に参加させていただきました!朝から向日市物集女の竹林にお邪魔し、竹を伐採、不要なものは燃やして、ごみも拾ってきれいに!途中、竹林公園もご案内いただいたりして竹のお勉強もしました!普段自然に触れることのない弊社の社員たちは戸惑いつつも、初めての体験をいっぱいさせていただきました!普段あまり会わない多店舗のスタッフ同士の交流、自然の中で竹や火と触れ合う中で、汗だくになりながら頑張りました!終わってみればドロドロだけど素敵な笑顔が出来上がり!小関さん、本当にお世話になりました!皆さんも竹に興味を持っていただければ嬉しいです!
まずは竹を切るお手本を見せてもいました。
うちは社長自ら働きます!
火吹き竹を見るのも、触るのも、吹くのも初めて!
終わったころにはドロドロ、だけど一仕事した満足感でいっぱい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。